今回は、Windows10の起動や操作時間を短縮する方法をお伝えします!

  • 起動に時間がかかる
  • パソコンの動作が重い…
  • もっとサクサク作業したい!

という方は、ぜひ読んでみてください✨

エンジニアである僕が、会社のパソコンで適用しているオススメ設定をご紹介します(๑•̀ •́)و✧

起動時間を短くするための設定

Windowsは初期設定のままだと、不要なアプリを立ち上げたりして、余計に起動時間が長くなっています。必要なことだけをするようにして、起動時間を短縮しましょう!

起動時のアニメーションを無効化

パソコンを起動したときに、Windowsロゴとかの下でクルクル回ってるやついますよね。
クルクルしてるやつ

これを表示するのにも、パソコンはリソースを使っています。なので、非表示にすることでちょっとだけ起動を速くできます!(体感的にはあまりわからないですが…笑)

まず、デスクトップ画面左下の検索窓をクリックして開きましょう。そして「システム構成」と入力して、出てきたものをクリックします。
システム構成の開き方

システム構成の「ブート」タブを開き、「GUIブートなし」にチェックをして適用ボタンをクリックしましょう。
起動時のアニメーションを無効化

以上で起動時にクルクル回るアニメーションは出なくなりました👏

自動で起動するアプリを減らす

Windowsのパソコンで、いくつかのアプリケーションは起動時に自動で立ち上がるようになっています。必要なものだけを立ち上げるようにして、起動時間を短縮しましょう!

先ほどと同じように検索窓を使って、今度はタスクマネージャーを開きます。
タスクマネージャーの開き方

そしてスタートアップタブの中で「有効」と書かれているアプリの中から、使わないものを選んで無効化しましょう。
自動起動するアプリを選ぶ

よくわからないアプリはそのままにしておいた方がいいです。どうしても無効化したい場合は、まず調べて、何に使うアプリなのかを理解してから無効化しましょう

動作を軽くするための設定

ここからは、普段の操作を快適にサクサクできるようにするための設定です。

省エネモードをやめて、ハードウェアのリソースを使い切る

Windowsの初期設定ではCPUなどのリソースが省エネモードで動いており、100%の力を発揮していません。省エネモードをやめて、全部の資源を使い切るようにすることで、動作を速くしていきます。

まず、デスクトップ画面左下のWindowsボタンをクリックして、設定を開きます。
設定の開き方

開いた「Windowsの設定」画面で「システム」をクリックしましょう。
システムを開く

設定画面で「電源とスリープ」をクリックし、「関連設定」欄の電源の追加設定を開きます。
電源の追加設定の開き方

次に、開いた画面で「プラン設定の変更」をクリックしましょう。
プラン設定の変更

そして、「詳細な電源設定の変更(C)」というリンクをクリックします。
詳細な電源設定の変更(C)を開く

電源オプションの画面で「パナソニックの電源管理[アクティブ]」を選択し、「プロセッサの電源管理」の各項目を設定していきます。
電源オプション

それぞれの項目に「バッテリ駆動」と「電源に接続」というのがありますが、パソコンが

  • 充電されていないとき →「バッテリ駆動」
  • 充電されているとき  →「電源に接続」

の設定が適用されます。

「最小プロセッサの状態」と「最大プロセッサの状態」は全て100%にしましょう。これでパソコンは、持っている能力を最大限発揮するようになりますよ

注意

プロセッサの状態を100%にすると、とうぜん充電の減りは速くなります。なので、普段あまり電源につながずにパソコンを使う方は「バッテリ駆動」の値を下げておきましょう。

そして「システムの冷却ポリシー」を全てアクティブに設定してください。

パソコンは複雑な計算や重い処理を行うと、CPUの温度が上がってきます。

システムの冷却ポリシーがアクティブになっていると、CPUの温度が上がったときにファン(扇風機みたいなもの)を回してCPUの温度を下げます。それでも温度が下がらない場合は、ファンの回転数が上昇。

なので、アクティブな設定で複雑な処理をするとウィィィィィンという音がちょっとうるさいです。

パッシブな設定ではCPUの温度が上がったときに、まずCPUの処理速度を下げ、それでも温度が下がらない場合はファンを使うようになります。
システムの冷却ポリシー

マナブ君
マナブ君

パッシブだと、CPUの負担が重い作業では、処理が遅くなるんだよね。それならみんなアクティブな設定にした方がいいんじゃない?

りゅう先生
りゅう先生

パッシブな設定には、CPUを長持ちさせるという利点があるんじゃ。どんな物も、速く激しく酷使すれば、壊れやすくなるじゃろう? CPUだって例外ではないぞい

マナブ君
マナブ君

なるほど。CPUが大変な作業をしているときは、「ペースを落としていいよ」っていたわってあげるのがパッシブな設定なんだね

また、先ほど開いた電源オプション画面では無線LANのインターネット通信を速くする設定もできます。「ワイヤレスアダプターの設定」という部分を開いてみましょう。
ワイヤレスアダプターの設定

上の画像のように設定することで、無線LANでつないでいるときの通信を安定させ、すばやいネット接続ができるようになります。

ふだん有線でしかネットにつながない方は「省電力(高)」に設定しておくと、充電の節約になりますよ!

適用ボタンをクリックして、ハードウェアの設定は完了です✨

不要なアプリをアンインストール

当たり前のことですが、使わないアプリはどんどん消してしまった方がパソコンは軽くなります。

検索窓から「プログラムの追加と削除」を開きましょう。
プログラム

開いた画面を下にスクロールすると、アプリの一覧が出てくるので、不要なアプリをどんどんアンインストールしていきます。
不要なアプリのアンインストール

アプリが入っているフォルダを直接削除すると、ログなどの中途半端に不要なものが残ってしまうので、アプリのアンインストールは必ず上記の手順で行いましょう

不要な通知をこなくする

パソコンの通知機能ってほとんど使いませんよね。不要な通知をオフにすることで、その分のメモリを節約できます。

まず、デスクトップ左下の検索窓から「通知とアクションの設定」を開きましょう。
通知とアクションの設定を開く

出てきた画面を下にスクロールすると、Windows自体の通知設定があるので基本的に全てオフにしてしまっていいです。
Windowsの通知

通知を受けたいアプリがある場合、「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」はオンにしておいて、下にスクロールするとアプリごとの通知設定も可能です。
アプリごとの通知設定

視覚効果を必要なものだけに

Windowsの初期設定ではアイコンの背景を透明にしたり、影がついていたり、様々な視覚効果が設定されています。これらの視覚効果はほとんどがあってもとくに意味のないものなので、オフにしてパフォーマンスを上げましょう!

まず、画面左下のWindowsボタンをクリックして設定を開きます。
設定を開く

Windowsの設定画面でシステムをクリック。
システムを開く

開いた画面で下の方にあるバージョン情報から、システムの関連設定を開きます。
システムの関連設定を開く

そして左端にあるシステムの詳細設定をクリック。
システムの詳細設定を開く

開いた「システムのプロパティ」で詳細設定タブのパフォーマンス欄の設定をクリックします。
パフォーマンス欄の設定を開く

「カスタム」を選んで、「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」だけにチェックを入れて、適用を押しましょう。
視覚効果を必要なものだけに

「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」のチェックを外してしまうと、文字が読みにくくなるので、これだけはチェックしておくのがおすすめです。

その他の視覚効果がどんなものかを知りたい場合は「 視覚効果の項目一覧」というページが、わかりやすくまとめてくれています。

バックグラウンドで起動するアプリを減らす

パソコンは実際に使っているアプリケーション以外にも、裏でさまざまなアプリを動かしています。バックグラウンドで動くアプリも必要なものだけにして、パソコンの負荷を減らしましょう!

検索窓で「バックグラウンド」と入力し、出てきた「バックグラウンドでの実行を許可するアプリを選んでください」というものをクリックします。
バックグラウンドアプリの設定画面を開く

かなりのアプリが裏で実行されているようです。

不要なアプリをオフにする
不要なものは全てオフにしていきましょう!

スタートメニューやタスクバーの透明効果を無効化

スタートメニューやタスクバーは、初期設定だとびみょうに透けています。

透過の有無の比較
透過をなくした場合と比べてみましたが、ほぼ変わりません!こんなことにメモリを割くなら、その分パフォーマンスをあげてもらった方がいいので、透過もオフにしていきます。

まず、デスクトップの何もないところで右クリックをして「個人用設定(R)」を開きます。
個人用設定(R)を開く

そして、「色」欄にある「透明効果」をオフにしましょう。
透明効果をオフにする

半年に1回くらいディスククリーンアップ

パソコンを使い続けていると、インターネット一時ファイルやダウンロードされたプログラムファイルなどが、だんだん容量を圧迫してきます。こういった不要なファイルをまとめて削除するのが、ディスククリーンアップです

注意

30~40分かかることもあるので、時間のあるときに行いましょう

まずはエクスプローラーを開きます。
エクスプローラーを開く

次にCドライブを見つけて、右クリックでプロパティを開きましょう。
Cドライブのプロパティを開く

全般タブのディスククリーンアップをクリック。
全般タブのディスククリーンアップを開く

開いた画面で「システムファイルのクリーンアップ(S)」をクリックします。
システムファイルのクリーンアップ

そして、削除するファイルを選択してOKをクリックしましょう。
削除するファイルを選択

ファイルを選択すると、説明の部分にそのファイルの内容が表示されます。基本的に全て削除しても問題ありませんが、説明を読んで必要だと思うものは残しておきましょう。

すばやく効率的に作業をするための設定

ここからは、すばやい操作のために便利な設定を紹介していきます✨

キーボードとマウスの速度を最速に

まずはキーボードの反応速度を上げていきます。

画面左下の検索窓から「キーボード」を開きましょう。
キーボードを開く

  • 表示までの待ち時間
  • 表示の間隔

を両方とも一番右までスライドして、適用を押しましょう。
キーボードの設定

「表示までの待ち時間」はキーを押してから表示されるまでの時間を調整できます。

「表示の間隔」はキーを押しっぱなしにしたときの表示の速さです。バックスペースで文字を消す速さも上がりますよ(๑•̀ •́)و✧

次にマウスの速さを調整していきます。

検索窓からマウスの設定を開きましょう。
マウスの設定を開く

「その他のマウスオプション」を開きます。
その他のマウスオプションを開く

ポインターオプションタブでポインターの速度を1番速くして、適用をクリックしましょう!
ポインターの速さを最速にする

これで、マウスの移動速度が最速に設定されました。慣れるまでは少し使いづらいかもしれませんが、慣れるとすばやく動かせるようになりますよ(๑•̀ •́)و✧

アニメーションエフェクトを無効化

初期設定だと、最小化しているアプリを開くときにフワッと出てきますよね。

このフワッていうのをやめて、パッと出てくるようにする設定です。体感的にちょっとだけ速いような気がします(笑)

言葉では伝わらないかもしれないので、実際に試してみてください。

まず、画面左下の検索窓に「簡単操作の設定」と入力して開きます。
簡単操作の設定を開く

そして、「Windowsにアニメーションを表示する」という項目をオフにしましょう。
アニメーションエフェクトをオフにする

以上で、僕がパソコンに適用している設定は全部です。かなり長かったですね、お疲れ様でした^ ^

時間はかかったかもしれませんが、パソコンが高速化されて、これからの作業時間はかなり削減されるはずですよ(๑•̀ •́)و✧